実際に相続が起きてからの問題

相続問題を何度も経験する人は少なく、実際に相続問題が起きてから初めて知ることがたくさんあります。また初めて知るためには様々な情報を調べた上で何が真実なのかということを確かめなくてはなりません。その中で最も多くの人が悩んでしまう一つに相続税があるのではないでしょうか。

例えば、いくら財産があれば相続税を支払わなくてはならないのかについてや、相続税そのものは何時までに支払いをしなければならないのかという部分に関してもわからない人がほとんどです。

中には遺産相続を行う際に必ずしも相続税が必要になると思い込んでいる人もいるようです。基本的に相続税は3600万円を超える財産が無ければ考える必要はなく、さらに3600万円を複数人で分割する際には心配する必要はありません。しかし、相続税の対象となる財産が残っていてなおかつ相続人の人数で分割しても対象となるトータル金額を超えるのであれば、当然ながら相続税を支払わなくてはなりません。

ここでの相続税というのは一人が払えば良いものではなく相続人の全てが支払いをしなければなりません。

申告や細かな計算については専門家に聞くのが1番

上記のように相続税が必要となる財産の金額というのは決められているものですが、分与を受ける最初に、どれだけの相続税が必要になるのかを計算するのは非常に難しいでしょう。相続するのが現金であれば相続税も非常にわかりやすいかもしれませんが、土地やその他物品等であるケースでは自分が相続をする物品に対しての評価額をまずは考えていかなくてはなりません。その上で、細かな相続税は計算していかなくてはなりませんから、このような部分でわからないことは専門家に頼るのが1番と言えます。

またここでの専門家というのは税理士になります(相続のもめ事などは法律の問題なので弁護士に相談する必要があります。大手事務所であれば法律と税務をワンストップで対応してもらえるところもあります)。税理士であれば、当然ながら相続税についての詳しい知識を持っていますので、さまざまな手続きなどを行う際にも初めてでわからないことだらけの相続人をしっかりとサポートしてくれるでしょう。わからないまま相続税についての申告や支払いが遅れてしまえば遅延金が発生するだけでなく脱税としても市役所などから目をつけられてしまうことさえあります。また相続税は期間内に支払わないことによって相続した物品等の評価額そのものが移動してしまい相続税の金額も変わってしまうことがありますので注意しましょう(情報参考:相続|柏・流山・我孫子 周辺で弁護士をお探しなら【弁護士法人心 柏駅法律事務所】まで)。

やはり、わからないことについては早い段階で専門家に確認しておくのが1番よい方法だと言えます。

相続税は相続人の全てが支払う事を覚えておく

上でも説明しているように、相続税というのは相続人の全員が支払いをしなければなりません。誰か1人でも相続税を支払わない状態でいると他の相続人に対して請求が行われてしまいますので、このような部分についても、税理士さんを通じて相続人の全員が支払をするようにしっかりと意識付けておくことが大切です。

自分だけが相続税についてある程度の知識を持っていても他の相続人が同じように知識を持っていなければ、トラブルになったり相続税の支払いが遅れてしまうことで前述の通り他の相続人に請求が行われてしまうことになるので、こういった部分についても遺産分割協議を行う段階で専門家にお願いし、全員が揃っている場所でどのような支払いはどのような申告を行えばよいのかを教授くしてもらうと良いでしょう。

そうすれば間違いが無く相続人が全員自分たちが支払うべき金額などについても把握することができます。わからないままで支払わなくて良いものではありませんから、積極的に税理士さんに確認していくようにしましょう。